ジュエリーQ&A

金属アレルギーでも安心してつけられる指輪をオーダーメイドすることはできますか?

← 一覧に戻る

 

金属アレルギーの場合は、素材を選んでオーダーしたほうが安心です。 

金属アレルギーの人こそオーダーメイドで

金属アレルギーといっても、どの金属でアレルギーを起こすかは人によって違います。そのため、アレルゲンとなる金属を避ければ、金属アレルギーがあっても指輪を身につけることは可能なのです。チタンやタンタル、ステンレスなどはアレルギーを起こしにくいため、こうした金属の指輪を金属アレルギー対応として置いている宝飾店もありますが、まずは病院でアレルギー検査を受け、自分がアレルギーを起こす金属は何なのかを調べましょう。また、金属アレルギーは後天的に起こることも多く、作ったときは大丈夫だった指輪に、ある日突然アレルギー反応を起こすこともあるので、アレルギーの出にくい素材を使うこともできます。

金属アレルギーになりにくい素材

  • チタン

チタンは金属アレルギー対策としてよく使われる素材です。アレルギーが出にくい素材であるだけでなく、耐熱性や耐食性にも優れているので、普段から身につけることが多い結婚指輪などにも向いています。航空機にも使われるほど軽量なので、大きめのデザインの指輪でも負担なくつけることができます。純度が高いほどアレルギーが出にくいので、アレルギーが気になる場合は高純度のチタンでオーダーメイドリングを作るのもおすすめです。

 

  • タンタル

レアメタルでもあるタンタルの特徴は、色が黒い金属だということです。光の反射率が低く、金属そのものが黒いので、シックな仕上がりになります。人工骨やインプラントなど、人体への影響がないことが求められる素材に使われており、アレルギーリスクも非常に少ない素材です。

 

  • サージカルステンレス

サージカルとは、「外科的な」「外科手術で使われる」といった意味を持つ形容詞です。サージカルステンレスは、そもそも外科手術で使われるハサミやメスなどに使われていたステンレスでした。アレルギーを引き起こしにくいため、現在は金属アレルギー対応のジュエリー素材としても使われています。

まとめ

金属アレルギーがある場合でも、金属アレルギーを起こしにくい金属を使うことで、指輪をつけることができる場合もあります。オーダーメイドであれば、素材もデザインも指定できるので、自分がアレルギーを起こさない素材でオーダーするのがおすすめです。

一覧に戻る

Contact Us!

お問い合わせ、下見来店予約はこちらから

0120-540-508

〒500-8818 岐阜県岐阜市梅ヶ枝町2-17 駐車場3台あり(店舗北側)
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月・火(祝日は営業)
カーナビ番号 058-262-4626

ご予約カレンダーを見る