ジュエリーQ&A

相手と指輪のデザイン好みが違う場合はどうすればいいですか?

← 一覧に戻る

 

好みが違う場合は、お互いが妥協するか一部だけをペア風にするなどの方法があります。

 ペアリングの好みが違う場合

カップルとはいえ、指輪の好みが違うことは当然あり得ることです。せっかく指輪を選びに来たのに、それでケンカになってしまうともあるかもしれません。好みが違う場合はどうすればよいのでしょう。

 お互いが譲り合ってデザインを決める

好みが違う場合は、お互いに譲り合って両方が納得できるデザインを選ぶのが一つの方法です。自分にとってベストなデザインでなくても、これならいいかな、と思うデザインで一致すれば、ペアリングをつけることはできるでしょう。どちらかが我慢するというのではなく、できるだけ少しずつ妥協して選ぶようにしたいものです。

 お互いの好みを取り入れて一部をペアにする

明らかなペアリングではなくても、共通のモチーフなどを使うことでペアリングにすることも可能です。たとえば、デザインは共通でも男性はシックなブラック、女性はゴールドにすることで、雰囲気はかなり違ったものになりますし、オーダーメイドであれば波の形や四葉のクローバーなど同じモチーフを違うデザインにするのもよいでしょう。

 全く違うデザインにする

カップルによっては、好みが違うからということで、全く違うデザインを選ぶ場合もあります。同じデザインでなくても、お互いのことを思ってつければそれでOKという考え方もありでしょう。重ねると裏面にハートができるように刻印などを入れて、隠れペアリングにすることもできます。お互いに好きなデザインにすることで、毎日気持ちよくつけることができるというメリットもあります。

 サプライズは注意

好みが違う場合は特に、サプライズでの指輪のプレゼントはリスクが高いです。気持ちは嬉しいけど好みじゃないし、それでもデートの時につけないのは申し訳ないし、と頭を悩ませる女性は意外と多いもの。

普段からファッションの好みが違うかも、と思ったら特に、サプライズで贈るのはあきらめて一緒に買いに行くか、事前にリサーチしておくことをおすすめします。

 まとめ

指輪もファッションのひとつですから、当然人によって好みは違います。カップルとはいえ、好きな指輪のデザインが異なることはあるでしょう。そんなときはお互いに譲れるところは譲って双方が納得できる指輪を探すのもいいですし、思い切って違うデザインにするという方法もあります。いずれにしても、よく話し合って決めることが大切です。

一覧に戻る

Contact Us!

お問い合わせ、下見来店予約はこちらから

0120-540-508

〒500-8818 岐阜県岐阜市梅ヶ枝町2-17 駐車場3台あり(店舗北側)
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月・火(祝日は営業)
カーナビ番号 058-262-4626

ご予約カレンダーを見る