ジュエリーQ&A

結婚指輪の定番、プラチナ。Pt900、Pt950の違いは何ですか?

← 一覧に戻る

 

Pt900、Pt950の違いは、プラチナの純度によるものです。

 プラチナの表記

金が24分率で純金を24K、18/24の純度の場合を18Kと表記するのに対して、プラチナは1000分率で表します。Pt900、Pt950というのは、プラチナが90%、95%含まれているということで、Pt850の場合はプラチナ85%ということです。プラチナの指輪やネックレスなどのジュエリーには、その品質を表すためにこうした表記が行われているものが多くあります。

 Pt900のメリット・デメリット

Pt900のメリットは、他の金属を10%混ぜることによって、強度が高くなることです。プラチナは、100%の純度だと強度が弱く、キズがついたり変形しやすくなったりします。その点、Pt900は強度が高いので、いつまでも美しい輝きと形状を維持しやすいのです。日本ではこのPt900が好まれる傾向があり、特に丈夫さを求められる結婚指輪などには適していると言われます。

 

一方、デメリットとしてはやはりプラチナの純度がさがることで資産価値は減ってしまいます。購入する際の価格が安くなるのはメリットですが、プラチナの資産価値を求める人にはデメリットとなるでしょう。また、強度が上がることで丈夫にはなりまるが、加工は難しくなります。 

Pt950のメリット・デメリット

Pt950のメリットは、やはりプラチナが多く含まれていることで資産価値が高くなるということがあります。また、海外ではプラチナジュエリーの標準はPt950とされていることもあり、海外ブランドの多くはPt950を採用しているため、世界標準ともいえる数値です。

 

ただし、どうしてもプラチナの純度が高いことで、強度の面ではPt900に劣るので、キズなどがつかないように気を付ける必要はあります。日常的につけていることの多い結婚指輪などは特に、強度を重視してPt900を選ぶこともあります。

 t900、Pt950はどちらがよいの?

プラチナが90%・95%という違いですが、見ただけではプロでもその違いはわかりません。どちらも白金の美しい輝きを放つ貴金属ですし、日本では両方のジュエリーが数多く販売されています。丈夫なほうが良いと思うのであればPt900を選ぶのがいいでしょうし、将来的には売却する可能性がある場合は、Pt950にしたほうが高く売れるかもしれません。

 まとめ

Pt900、Pt950は、プラチナの純度の違いで、資産価値や丈夫さに違いはありますが、目で見て違いが分かるようなものではありません。どちらも美しい輝きを放ちますので、好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

一覧に戻る

Contact Us!

お問い合わせ、下見来店予約はこちらから

0120-540-508

〒500-8818 岐阜県岐阜市梅ヶ枝町2-17 駐車場3台あり(店舗北側)
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月・火(祝日は営業)
カーナビ番号 058-262-4626

ご予約カレンダーを見る