ジュエリーQ&A

結婚指輪の買い方色々。完成品の購入、オーダーメイドリング、手作りリングの違いとメリット・デメリット。

← 一覧に戻る

 

結婚指輪は完成品を購入するほか、オーダーメイドで注文したり、手作りをするという方法もあります。

 結婚指輪の買い方

結婚指輪は、新しい門出を迎える2人にとってとても大切なものです。長く身につけるものだからこそ、こだわって選ぶとよいでしょう。ショップで完成品を購入するほか、オーダーメイドで注文したり、手作りをするといった方法もあり、それぞれメリットやデメリットがあります。

ショップで完成品を購入

ジュエリーショップには、結婚指輪としてペアになった指輪がいろいろと販売されています。デザインも多彩ですし、完成品だからといって画一的なものではありません。

こうした完成品を購入するメリットは、まず購入してから納品までが早いということがあります。サイズ直しが必要な場合はその日数と、裏面への刻印のみですので、日数はそれほどかかりません。また、素材やデザインによってはかなり価格に幅があるので、あまり指輪にお金がかけられない、という人でも気に入ったデザインのものを探すこともできるでしょう。

デメリットとしては、やはり既製品になりますのでシンプルなデザインが多く、人と被る可能性もあります。それが気にならないのであれば、完成品を購入するのが最も簡単です。

 オーダーメイドリング

ジュエリーショップにオーダーして、希望のデザインの結婚指輪を作ってもらうというものです。ショップのデザイナーが一緒にデザインの決定を手伝ってくれるので、イメージに合っていて、なおかつ耐久性や使い勝手の面では困らないようなものを作ることができます。また、制作はプロの職人がひとつひとつ手作りで行うため、複雑なデザインのものでも大丈夫です。

デメリットとしては、デザインの打ち合わせをしてから職人が制作を行うため、かなりの日数が必要になります。期間に余裕がない場合は、この方法は難しくなりますし、デザインや制作にプロの手を借りることもあって、費用は割高になりがちです。

手作りリング

結婚指輪を自分たちの手で手作りする、というプランも人気です。特にジュエリー制作の経験がなくても、手作りリングの制作ができる工房できちんと指導を受けながら作ることができるので、仕上がりが不格好になるということはありません。

メリットはなんといっても自分たちの手で作った世界に一つの指輪ということで、思い入れがあるということや、指輪を作ること自体が思い出になるということです。

デメリットとしては、やはり素人が作るためデザインはシンプルなものが主流で、凝ったデザインのものはできない可能性もあります。また、近くに指輪を作れる工房がない場合は、遠方まで何度も出向かなければなりません。

 まとめ

結婚指輪は、結婚式での指輪の交換に使うだけでなく、その後も長く身につける大切な指輪です。完成品を購入するにしても、手作りをするにしても、気に入って愛着のもてるものにすることが大切でしょう。

一覧に戻る

Contact Us!

お問い合わせ、来店予約はこちらから

0120-540-508

〒500-8818 岐阜県岐阜市梅ヶ枝町2-17 駐車場3台あり(店舗北側)
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月・火(祝日は営業)
カーナビ番号 058-262-4626

ご予約カレンダーを見る