ジュエリーQ&A

オーダメイド前に知っておきたい。「甲丸リング」と「平打リング」の違いとその特徴。

← 一覧に戻る

 

丸みのある甲丸リングと、角ばった平打ちリングは、断面で見ると違いが分かりやすいでしょう。

甲丸リングとは

甲丸リングとは、指輪の外側が丸みを帯びた形で、断面がかまぼこ型のようになるのが特徴です。指にはめた状態では角張ったところがないので、優しい印象になります。また、隣の指などにあたっても角がないので馴染みやすく、付け心地が良いのもメリットです。甲丸型にもいろいろあって、カットしたときにきれいな半円型になるようなものもあれば、角だけを丸くして平面を残したもの、外側よりも内側に丸みを持たせてつけ心地をよくしたものなど様々です。逆甲丸といって、かまぼこ型にくぼみをつけたものもあり、エレガントな雰囲気になります。

平打ちリング

平打ちリングとは、断面が長方形になるような、角ばった指輪です。角も磨いているので、指あたりが悪いということはありませんが、厚みのあるデザインが多くなるので存在感はあります。太い指や、ゴツゴツした指にも良く似合うので、男性にも人気のある形になります。フラットな表面に模様を彫刻したり、メレダイヤを埋め込んだりと、デザインの幅も豊富で、個性的な指輪にしたい人にもよいでしょう。もちろん女性がつけても素敵です。

どちらを選ぶのが良い?

甲丸リングと平打ちリングは、どちらの指輪がよいというわけではありません。好みの問題なので、好きなタイプを選んでオーダーするのがよいでしょう。どちらも結婚指輪や婚約指輪にも使えるデザインですので、ペアで作るのも素敵です。ただし、好みとして女性は甲丸リング、男性は平打ちリングを好む傾向があるので、お互いに好みに合ったものにするとよいでしょう。シンプルなデザインの甲丸リングでペアにすることも多いですし、二人のリングを合わせると模様になるような平打ちリングも素敵です。

まとめ

甲丸リングは、切った断面がかまぼこ型になるような、丸みを帯びたデザインのもので、平打ちリングは断面が長方形になるような角張った形のリングになります。

どちらかというと、甲丸リングが女性、平打ちリングが男性に好まれる傾向がありますが、もちろんどちらも男女ともに販売されていますし、お揃いにしても素敵です。見た目のデザインはもちろん、付けた時の雰囲気やつけ心地も考えて選ぶようにするとよいでしょう。

一覧に戻る

Contact Us!

お問い合わせ、来店予約はこちらから

0120-540-508

〒500-8818 岐阜県岐阜市梅ヶ枝町2-17 駐車場3台あり(店舗北側)
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月・火(祝日は営業)
カーナビ番号 058-262-4626

ご予約カレンダーを見る