ジュエリーQ&A

オーダーメイドリングにダイヤモンドを入れたいですが、ダイヤモンドのグレードがよくわかりません。

← 一覧に戻る

 

ダイヤモンドのグレードは、鑑定書にある4Cで評価されます。

ダイヤモンドのグレードは鑑定書でわかります。

ダイヤモンドは大きければ良いというわけではありません。もちろん大きさも評価のひとつではありますが、ダイヤモンドのグレードを決めるのは、鑑定書に記載されている4Cと呼ばれる評価基準です。

カラー(color)

ダイヤモンドの色を表すのがカラーです。基本的には無色透明なほうが、高い評価を受けます。黄色がかってくるにしたがって、グレードは下がります。ピンクダイヤやブルーダイヤなどのカラーダイヤは希少なので、色がついていても高く評価されることが多いです。評価はアルファベットで記載され、最高ランクはDで、E、Fと徐々にグレードが下がっていきます。

クラリティ(clarity)

クラリティは、ダイヤモンドの透明度を表す基準です。ダイヤモンドは中に内包物と呼ばれる異物や気泡があり、その数が少なければ少ないほど高い評価を受けます。最も内包物が少ないフローレンスは、10倍に拡大しても内包物が確認できない状態で、傷も全くないものです。

カラット(carat)

ダイヤモンドの大きさを表すと思われがちなカラットですが、実は大きさではなく重さを表すものです。1カラットは0.2gです。

カット(cut)

カットは、唯一人の手が加わった評価基準です。ダイヤモンドのカットの代表格でもあるラウンドブリリアントカットの美しさを評価するものです。形と仕上げが評価対象になり、最も美しいものはEX(EXCELLENT)と記載されます。

これらの4Cの評価基準によって、ダイヤモンドはグレードが分けられます。鑑定書にはそれが記載されており、それによって価格なども違ってくるのです。基本的は高いものはこの4Cの内容が優れているもので、珍しい色のダイヤなどの場合は、それに関わらず価格が高い場合もあります。とはいえ、オーダーメイドリングに使うのであれば、自分の目で見て気に入ったものを選ぶのもよいでしょう。

まとめ

ダイヤモンドのグレードは、4Cと呼ばれるカラー・クラリティ・カラット・カットの4つの評価基準で決められます。このグレードは鑑定書に記載されていますが、オーダーメイドリングに入れるダイヤモンドは、それに加えていろいろ見た中で気に入ったものを選ぶのもおすすめです。

一覧に戻る

Contact Us!

お問い合わせ、来店予約はこちらから

0120-540-508

〒500-8818 岐阜県岐阜市梅ヶ枝町2-17 駐車場3台あり(店舗北側)
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月・火(祝日は営業)
カーナビ番号 058-262-4626

ご予約カレンダーを見る