ジュエリーQ&A

シルバー、金、プラチナ、タグステン、ジルコニウムなど、指輪の素材の強度について。

← 一覧に戻る

 

素材によって強度は全く異なります。日常的に身につける指輪には、ある程度強度があった方がよいでしょう。

指輪に使われる素材は、種類によって強度が全く異なります。

指輪を選ぶときは、色やデザインだけでなく、素材にも注目して選ぶことが大切です。特に結婚指輪のように、常に身につけることが多い指輪は、素材の強度にも気をつけたほうがよいでしょう。

シルバー

シルバーはアクセサリーとして人気の高い素材ですが、強度がそれほど強いというわけではありません。強度を上げるためにも、100%シルバーではなく、他の金属を数パーセント程度混ぜたものを使うことが多いです。

プラチナ

結婚指輪では定番といえるプラチナですが、この素材も純度100%だとあまり硬いものではありません。そのため、パラジウムなどの素材を混ぜたものを使うのが一般的で、十分な硬度を保ちつつ美しい輝きを放つ素材として広く使われています。

金も、それ自体は硬い素材ではなく、むしろ金属の中でも非常の伸びの良い素材として知られています。そのため、複雑なデザインの加工にも適していますし、強い力が加わって変形することはあっても、割れたりかけたりすることはほとんどありません。

タングステン

タングステンは、非常に硬い素材です。もちろん硬い=丈夫、というメリットもありますが、硬すぎて加工が困難だったり、指輪をはめた状態でガラスや車のボディなどに触ると指輪で傷をつけてしまうこともあります。また、硬い半面、伸びが悪いので、衝撃を与えた拍子に割れてしまうこともある素材です。指輪にするとサイズ直しもできないケースが多いので、長く使う結婚指輪などには不向きかもしれません。

ジルコニウム

ジルコニウムの特徴は、表面に加工するとさまざまな色に発色するということです。着色するわけではないので、独特の深みのある色を楽しむことができます。硬度も、金やプラチナよりも硬く、耐久性にも優れており、それでいて軽量です。金属アレルギーの心配も少ないので、今人気の高まりつつある金属でもあります。

まとめ

金属は、種類によって固さや色などが異なります。長く使う指輪ですから、見た目の美しさだけでなく、丈夫さや、扱いやすさ、お直しができるかどうかなど、素材の面も考えながら選ぶようにしましょう。ジュエリー五島でも、素材やその特徴についてのご相談を承っています。

一覧に戻る

Contact Us!

お問い合わせ、来店予約はこちらから

0120-540-508

〒500-8818 岐阜県岐阜市梅ヶ枝町2-17 駐車場3台あり(店舗北側)
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月・火(祝日は営業)
カーナビ番号 058-262-4626

ご予約カレンダーを見る