ジュエリーQ&A

指のタイプから見た似合う指輪の選び方。

← 一覧に戻る

 

指の長さや太さに合わせた指輪を選ぶことで、指が綺麗に見えます。

指が太いから指輪が似合わない、ということはありません。

指輪の好みは人それぞれですので、自分の好きな指輪をつければよいのですが、指をきれいに見せたいのであれば「好きな指輪」だけではなく、「自分の指に合った指輪」をつけることも大切です。指のタイプによって異なる指輪は違うので、自分にどんな指輪が似合うのかを知っておくとよいでしょう。

太くて短い指

基本的に指が太い場合は、あまり細い指輪は似合いません。リング部分が細い華奢な指輪だと、指の太さが際立ってしまうので、ある程度ボリュームのある指輪のほうがよいでしょう。とはいえ、幅広の指輪は指の短さを強調するので、ほどほどのボリュームで、ある程度デザインのある指輪がおすすめです。ウェーブのラインになっていたり、V字のリングなどは、リングそのものに動きがあるので指をきれいに見せてくれます。

細くて短い指

細くて短い指の場合は、あまりボリュームのある指輪だと指輪に存在感が出すぎてしまうので、比較的アームの細い華奢な指輪が似合います。ストレートラインの指輪はもちろん、V字やウェーブのリングも綺麗です。幅広の指輪や、ストーンが大きすぎるものは、指が貧弱に見えてしまう可能性があります。

太くて長い指

指が太くても、長さがあればバランスは取れているので、比較的どんな指輪でもキレイに見せることができます。あまり華奢なリングだと指が太く見えてしまうかもしれないので、ボリュームのある指輪がおすすめです。幅広のリングなども、バランスよくつけることが出来るので、男性とのペアリングも選択肢が豊富でしょう。

細くて長い指

細くて長い指は、最も指輪が綺麗に見える指だと言われています。華奢なリングでもキレイに見えますし、ある程度ボリュームがあっても指の長さがあればカバーできます。ただし、あまりにもボリュームがあると、指がそのボリュームに負けてしまうので、ほどほどのリングであればほとんど何でも似合う指です。

まとめ

指輪は、やはり細い指や長い指のほうがよく似合いますが、太かったり短かったりしても、デザインを選べばきれいに見せることが出来ます。太い指の場合は、あまり細い華奢な指輪を選ばないのがポイントです。逆に細い指の場合は、指が指輪のボリュームに負けないようなものを選ぶようにしましょう。

一覧に戻る

Contact Us!

お問い合わせ、来店予約はこちらから

0120-540-508

〒500-8818 岐阜県岐阜市梅ヶ枝町2-17 駐車場3台あり(店舗北側)
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月・火(祝日は営業)
カーナビ番号 058-262-4626

ご予約カレンダーを見る